本文へ移動

切迫流産・切迫早産

切迫流産
  流産の危険性が⾼い状態で、妊娠初期から妊娠22週までを切迫流産といいます。
  ⽣理痛のような下腹部の痛み、出⾎などの症状があります。
  
 次のような症状があれば、病院にすぐに連絡して下さい(0898-31-5711)
   ・⾎性、茶⾊のおりもの、出⾎がある
   ・下腹部が張って痛みがある
   ・⽔のようなものが流れる


切迫早産
   妊娠37週0⽇から妊娠41週6⽇までの出産のことを正期産、それより前の出産(妊娠22週から37週まで)のことを早産といいます。
  切迫早産とは早産になる危険性が⾼い状態、つまり早産の⼀歩⼿前の状態のこと で、お腹のはりや痛み(⼦宮収縮)が頻回におこり、⼦宮の⼊り⼝(⼦宮⼝)が短くなり、⾚ちゃんが出てきそうな状態のことです。

 次のような症状があれば、病院にすぐに連絡して下さい(0898-31-5711)
   ・お腹がはる、硬くなっている
   ・⽣理痛のような痛み、下腹の痛み
   ・出⾎、茶⾊のおりものがある
   ・⽔のようなものが流れる

  ★診療時間外でもご連絡ください。

  
<切迫早産の治療として>
  ・お腹のはりを抑えるために、まずは安静にすることが最も⼤切です。
  ・お腹のはりを抑えるために⼦宮収縮抑制剤(はりどめ)を使⽤します。
   (内服治療と点滴治療があります)
  ・お腹のはりの程度が軽く、⼦宮の⼊り⼝(⼦宮⼝)が短くなっていない場合は、自宅安静で外来通院が可能です。
  ・お腹のはりの程度が強く、⼦宮の⼊り⼝(⼦宮⼝)が短くなっている場合は、⼊院して点滴治療が必要となります。
  ・細菌による感染が疑われれば、抗⽣剤を使⽤することがあります。
  ・治療をしていても改善が⾒受けられない場合、より⾼度な治療が必要な場合には、総合病院へ転院を考慮します。


<早産リスクが高い妊婦>
  ・早産になったことがある
  ・⼦宮奇形や⼦宮筋腫がある
  ・円錐切除術という⼦宮頸部を切り取る⼿術を受けたことがある
  ・細菌性膣症(膣内の感染の⼀つ)
  ・過労やストレス
TOPへ戻る